スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時間外労働が深夜から翌日に及んだ場合について

時間外労働が深夜から翌日に及んだ場合について

平日の時間外労働が午前0時を超えて翌日に及ぶというケースは、交代勤務の場合や、繁忙期に発生するケースがあると思います。

この場合、翌日に及んだ労働時間は、いつの労働時間として計算されるのか、ちょっと疑問を持ちますよね。

行政の通達で、次のように言っています。

「一日とは、午前0時から午後12時までのいわゆる暦日をいうものであり、継続勤務が二暦日に渡る場合には、たとえ暦日を異にする場合でも一勤務として取り扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の労働として、当該日の「一日」の労働とすること。」

この通達から、たとえば労働時間が、9/2の午前9時が始業時刻で、時間外労働により、日をまたいだ9/3の午前2時に及んだ場合(休憩時間はお昼の1時間とする)は、その全実労働時間を始業時刻の属する9/2の労働時間として扱い、午後6時以降が時間外労働(1.25)となり、午後10時から翌午前2時までが時間外労働(1.25)+深夜労働(0.25)ということになります。

あまり多くはないとは思いますが、9/2が通常勤務で、9/3が法定休日(1週間に1日の休日)の勤務だった場合は、9/2の午後6時から午後10時が時間外労働(1.25)となり、午後10時から午後12時までが時間外労働(1.25)+深夜労働(0.25)午後12時から翌午前2時までが休日労働(1.35)+深夜労働(0.25)ということになります。


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2016/01/15(金) | 時間外・休日労働 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。