スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

始業時刻の10分前出社におけるトラブルについて

始業時刻の10分前出社におけるトラブルについて

どの会社でも、始業時刻を定めていると思いますが、そもそも「始業時刻とは何か?」ということを考えたことはありますか?

また、あなたの会社の就業規則には、始業時刻の定義といったものが記載されていますか?

これまでたくさんの就業規則を診断してまいりましたが、ほとんどの会社の就業規則に始業時刻や終業時刻の定義がなされていませんでした。

もし始業時刻の定義がなされていないとすると、どんな問題があるのかといえば、会社と従業員とで解釈が異なることによって、実際の業務開始時間に影響が出てくるということです。

一般に、始業時刻の解釈はというと、次のような感じです。

会社側:実際の業務にとりかかる時間

従業員側:出勤と認めてもらえるギリギリの時間

これが現実だということを、まずしっかりと、意識することが大事です。

そこで、そもそも労働時間とは何かと言いますと、判例で「労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」と示しています。

それをふまえて、就業規則に始業時刻の定義を定めるとすれば「始業時刻とは、会社の指揮命令に基づく業務を開始すべき時刻をいう」といったような規定が考えられます。このように、一見、普通に使っているような言葉でも、解釈はまちまちで、それが引き金となり、トラブルが発生する可能性があることを理解していただけたらと思います。

上記のことを踏まえまして、テーマの「始業時刻の10分前出社」について見ていきます。

始業時刻を「会社の指揮命令に基づく業務を開始すべき時刻」と定義したとします。

では、業務開始の10分前に出社してもらえるようにするにはどうすればいいか?

ある就業規則で下記のように規定していて、未払い残業代請求で、始業時刻の前10分の取扱いがトラブル要因となったケースがあります。

第○条 従業員は出社及び退社の場合に際しては、次の事項を守らなければ
 ならない。
 (1) 出社は、始業時刻の10分前までにすること
          ・
          ・
          ・

上記のような規定があって、実際に従業員の方が10分前に出社してきて、上司の指示や朝礼を受けたりしていました。この場合、指揮命令下にあると判断され、この10分も労働時間として扱うことになり、その分の賃金を支払うことになりました。

このように、始業時刻の前に出社することをなかば強制するのであれば、始業時刻を10分繰り上げたり、始業時刻を繰り上げないのであれば、「業務上の必要がある場合は、全部又は一部の従業員について、始業時刻を変更することがある」といったような規定をすることが考えられます。

また、実際に、上司の指示や朝礼を受けたりといったことはないが、きちんと始業時刻には業務にとりかかれるようにして欲しいということであれば、「出社は、始業時刻の10分前までにすること」といったような強制的な表現ではなく「出社は、始業時刻には業務を開始できるように、余裕をもって行うものとする」といったように、従業員の裁量があるような訓示的な表現で規定することにより、トラブル防止につながるのではと考えます。


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2016/01/21(木) | 労務管理Q&A | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。