スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時間外労働の限度に関する基準の改正

「時間外労働の限度に関する基準」が改正され、労使で特別条項付き36協定
を結ぶ際には次の3つのことをする必要があります。

1.限度時間を超えて働かせる一定の期間(1日を超え3ヵ月以内の期間、1年間)
  ごとに、割増賃金率を定めること

2. 上記1の率を法定割増賃金率(2割5分以上)を超える率とするよう努めること


3. そもそも延長することができる時間数を短くするよう努めること


  (注)平成22年4月1日以降に特別条項付き36協定を締結、更新する場合が
     対象となります。


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2011/03/04(金) | 時間外・休日労働 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。