スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

資産運用の5ステップ

資産運用の5ステップのポイント

資産運用の手順として、一般に次の5つのステップを踏むことになります。

第1ステップ━投資目的を明確化する━

まずは、何のために投資する必要があるのかじっくり考えましょう!

投資にはリスクがつきもの。

もし、ライフプランをたててみて、積立預金などの運用で十分ライフプランの実現ができるということなら、あえて資産運用に取り組む必要がないといったケースだってあっても良いと思います。

とはいえ、多くの方の描くライフプラン実現に要する資金と現状の資金(今後の積立預貯金を含む)との間には結構な大河が流れていることでしょう。

そこで、リスクをとった資産運用ということになりますが、実際、資産運用にどのくらいの資金をあてるかというと、6ヵ月から1年分程度の生活費と今後5年以内に使う予定の資金を除いた資産をあてるというのが一般的です。

その残った資金をあなたのライフプラン実現のために、しっかり働いてもらおう!ということになります。

第2ステップ━リスク許容度を把握する━

ご自身のリスク許容度を知るというのは、実はもっとも難しいです。

一般に許容度を測るために用いるものとして、次のような項目があります。これらの項目のトータルバランスで、ご自身のリスク許容度を探っていくことになります。

 (収入の程度)

同じ投資金額でも月収100万円のケースと月収10万円のケースとでは、万一投資金額が値下がりしたときの痛手が違ってきます。

 (年齢(投資可能期間))

一般に若い人の方が投資期間を長く持てることからリスク許容度が高いといわれます。

なぜ、長く持てると良いかというと、あくまで過去のデータによるものですが、株式にしても投資信託にしても、短期であればあるほど価格変動が激しく、大きく儲かることもあれば、大きく損することもあり、つまりブレが大きくなります。
一方、長くなればなるほど、そのブレが収斂されていき、物凄い大きな利回りではないかもしれませんが、ブレの小さいつまりリスクが小さい資産運用が可能となるということから、長期運用が資産運用の基本と謳われるところはそんな理由です。

 (家族構成)

たとえば、教育資金や住宅資金のかかる世代なのか、それとも子どもが高校を卒業した世代なのかどうかによって資産運用に回せる資金が違ってきます。

子どもの教育や生活費の負担が大きい間は、流動性資産(スグに現金に変えられる資産)での運用がメインとなるでしょう。

一方、50代以降でセカンドライフまで10年から15年程度あるケースでは、リスクをとった収益性資産(国内外の株式や外国債券を含んだ投資信託など)での資産運用も可能でしょう。

 (保有資産額)

これは、あたりまえの話となりますが、資産1億円の人が投資で10万円損をするのと、資産100万円の人が10万円損をするのとでは、痛手の度合いが大きく異なります。
こういった資産額によってもリスク許容度は大きく変わってきます。

 (金融に関する知識)

商品の基礎知識はもちろんですが、景気や株価そして金利の変動の教科書的なマクロ経済知識の有無によっても変わってきます。

以上をふまえて下記のようなリスク許容度別の運用スタイルを見つけていくことになります。
下記の表は一般的なリスク許容度のものであり、1人1人リスク許容度及び具体的な資産配分は異なりますので、あくまで参考程度にご覧ください。


 リスク許容度           運用スタイル       安定型資産  積極型資産



非常に小さい      安定・確実な資産運用を心がける。  90%       10%
              必要があれば、外国債券などのリ
              スク資産を入れるのも検討の余地
              があります。


小さい          リスク資産の比率を低めにした外国   70%      30%
              債券中心の運用などを検討しましょう。 


平均的          ご自身に合った資産配分で、外国債  50%       50% 
              券を中心にして株式も組入れることも
              検討しましょう。


大きい          ご自身の最大損失の許容範囲内で、  30%       70%        
              株式中心の積極的な運用を検討して
              も良いでしょう。

第3ステップ━アセットアロケーション(資産配分)戦略を決定する━

リスク許容度もとに、資産配分を決定していくことになります。
ここでいう資産とは、国内株式、国内債券、海外株式、海外債券の4資産です。もちろんこれ以外にも資産の運用先はありますが、ここではこの4つで考えます。

この4つの資産の配分をご自身のライフプラン実現のための必要資産と現在の資産とを比較し、現在の資産の必要な運用利回りをもとに、ご自身の運用スタイルで資産配分することになります。

第4ステップ━投資信託や個人向け国債等商品を選びポートフォリオを組む━

第3ステップでのアセットアロケーション(資産配分)に基づいて具体的な金融商品を組み合わせていくことになります。

第5ステップ━継続的に、アセットアロケーション、ポートフォリオをチェック━

商品を購入した後、定期的に、投資信託なら運用報告書やインターネットで確認できる、週別・月別の運用リポートで具体的な投資先やその投資先の運用状況のチェックが必要です。

また、実際の運用の結果、資産配分の割合が第3ステップで決めた割合とズレが生じた場合には、第3ステップで決めた資産配分に戻す(リバランス)かどうかといった検討も必要となります。

以上が資産運用の5ステップのポイントです。

必要なことが、いっぱいあって大変!と思うかもしれませんが、実際にやってみるとそれ程難しいものではないと思っていただけるかと思います。

何事もそうですが、とっかかりさえ乗り越えれば、あとは慣れるだけです。

最後に資産運用のお役立ちサイトをご紹介します。

金融全般の基礎知識:知るぽると(トップページ)

ライフプランの作成ツール:知るぽると(暮らしのお役立ちツール)

株式・投資信託情報:モーニングスター


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2013/08/14(水) | 資産運用 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。