スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

休憩

労働時間の長さ      付与すべき時間
6時間以内             不要

6時間超8時間以下       45分以上

8時間超              1時間以上

休憩時間は労働時間の途中で一斉に、かつ自由に
利用させることが原則です。

ただし、運輸交通業、商業、金融、広告業、映画演劇
の事業、郵便通信業、保健衛生業、接客娯楽業の場
合は一斉付与の義務はありません。
また、業種を問わず労使協定を締結した場合も一斉付
与をしなくてもよくなります。


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2013/08/14(水) | 休憩 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。