スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

注意が必要な健康保険と厚生年金保険の加入時期について

注意が必要な健康保険と厚生年金保険の加入時期

【2か月以内の有期雇用契約を締結した場合】

2ヵ月以内の期間を定めて雇用契約を締結した場合には、その定めた期間を超えて雇用を継続した場合には、契約更新の初日に加入義務が発生します。
良く勘違いされるのが次のケースです。
例えば、1ヵ月の有期雇用契約を締結した場合で、当初の1ヵ月経過後、更に1ヵ月の更新をしたときに加入手続の義務が発生すると思っているケースです。
これは違法となります。なぜなら、2ヵ月以内の期間とは、当然に1ヵ月も含まれる訳ですから、1ヵ月を超えて雇用を継続した場合には2ヵ月目の初日に加入義務が発生することになります。

【試用期間を設けて、期間の定めのない雇用契約を締結した場合】

中途採用で期間の定めのない社員として採用した場合に、1ヵ月から3ヵ月程度の試用期間を設けるケースが多いと思います。
この場合、試用期間なのだから、加入義務はないのでは?と勘違いをされるケースもよく見受けられます。
これは違法となります。
試用期間といっても、期間の定めのない社員として採用した場合には、有期雇用ではないため、適用除外とはなりません。
したがいまして、入社日に加入義務が発生することになります。


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2013/12/02(月) | 労務管理Q&A | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。