スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

事業場外労働

営業職や配送職など、労働者が事業場外で労働し、時間管理者(使用者)がその労働時間を把握できない場合に、原則として所定労働時間労働したものとみなします。
例外として、当該業務を遂行するためには、所定労働時間を超えて労働する必要がある場合には、労使協定で通常必要な労働時間を定め、当該時間労働したものとみなします。
なお、通常必要な労働時間が法定労働時間を超える場合には、労使協定を所轄の労働基準監督署に届出る必要があります。

この労働時間を把握できないという状態には、携帯電話でいつでも連絡が取れ、使用者の指示を受けて仕事をしているときは該当しませんので、現実的には事業場外労働制度を実施することは難しいでしょう。


ただいま、「無料!簡易な就業規則診断のキャンペーン」を実施中!!

E-LifePlan Japanホームページへ

ご質問、ご相談、お問合せはこちらへ
スポンサーサイト

2013/08/14(水) | 労働時間の算定 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。